一日葬なびTOP > 一日葬の注意点

一日葬の注意点

一日葬の注意点葬儀が1日で終わるので、式場を借りる場合も1日分の利用料で良いのでは?と思いがちになりますが、基本的に多くの葬儀式場は2日間にまたがって利用すると想定したうえで、利用時間や料金などが設定されていますし、前日から準備をすることも多いので式場使用料が安くなることはほとんどありません。

寺院へのお布施も同様。もともとお布施は読経に対する対価ではなく、ご本尊への気持ちという意味でお渡しするものですから、1日になったから半額という考え方にはならないのです。

また、参列者側の事情も考慮する必要があります。一日葬は通夜を省いて葬儀・告別式を行うスタイルが多いため、仕事や諸事情で日中の参列が難しいという方は故人とのお別れができません。
忙しい現代社会では通夜への参列が8割以上。その通夜を省いてしまうと、「最後にお別れをしたかった」という方の思いを排除してしまうことになりかねませんから注意が必要です。
参列者に配慮して、お通夜をメインとした一日葬スタイルを提案している葬儀社もあります。

ページの先頭に戻る

急な葬儀の手配からご相談まで
24時間365日受付通話無料

いい葬儀 お客様センター 0120-393-100

アンケート回答で5,000円JCBギフトカード進呈中