一日葬なびTOP > 一日葬のマナー

一日葬のマナー

一日葬だからといって特別に考える必要はなく、参列は通常行われる葬儀と同じマナー・作法と考えて良いでしょう。遺族から申し出がない限り、香典・供花の扱いは通常どおりとなります。仏式なら僧侶による読経と引導作法など葬送儀礼があり(宗派によって異なる)、焼香が行われます。

一日葬は日中に行われることが多いため、参列したくてもできない人が多くなることが考えられます。その場合は弔電や郵便のレタックスなどでお悔やみ電報を送ると良いでしょう。送り先は自宅宛か斎場宛になると思いますが、葬儀の前に遺族が手にすることができるようあらかじめ確認し、配慮することが必要です。

弔電の文例

● ご逝去の知らせを受け、ただただ驚いております。ご生前のお姿を偲び、心より哀悼の意を表します。

● ○○様の突然の悲しいお知らせを受け、心からお悔やみ申し上げます。弔問かなわぬ非礼をお詫び申し上げますとともに、遥かにご冥福をお祈りいたします。

● 悲しいお知らせに呆然としております。お別れにも伺えず、残念でなりません。心からご冥福をお祈りいたします。

ページの先頭に戻る

急な葬儀の手配からご相談まで
24時間365日受付通話無料

いい葬儀 お客様センター 0120-393-100

アンケート回答で5,000円JCBギフトカード進呈中